大胆すぎる大会社から大会社の転職体験談

私は今、大手のお菓子メーカー会社に就職をし、そこの製造部に配属をされて仕事をしています。この会社の主力商品はチョコレートで、チョコレートを使ったお菓子を中心に、企画、製造、販売と、全てにおいての経営をしている会社です。私がこの会社への就職を希望したのは、自分自身がこのメーカーのお菓子が好きだったからでした。スーパーやコンビニで手軽に購入することができ、きっとこの会社を知らないという人はいないと思います。そんな大手のお菓子メーカー会社に就職することができた私は、今の自分にとても満足することができている状態です。そんな私には、この会社の中にとても尊敬している上司がいます。その上司には、あまりにも大胆すぎる驚きの過去がありました。それは、今ではこの会社のトップにも近い上司ですが、元々は別の大手のお菓子メーカー会社で働いていて、そこから転職をしてきたというものだったのです。なんと上司は、同業の大会社から大会社の転職を経験されていたのでした。

以前働かれていたお菓子メーカーも、主力商品はチョコレートで、まさに同じ仕事をされていたそうです。上司がその会社から転職をすることに決めたのは、自分の勤めている会社のレベルの高さを感じ、その会社を追い抜くような会社を作りたいと思ったからだそうです。つまり、元々経営のうまくいっている会社で働くのではなく、自分自身が経営の成功者になりたいと考えられたとおっしゃるのでした。そうして上司は、今の会社への転職を決めたのだそうです。

上司が転職した当初は、この会社の名前は世間にあまり通っておらず、上司の元々いた会社には完全に負けている状態だったといいます。しかし今、大手といわれるほどにまで成長したのは、この上司が経営を成功させた結果でした。そんな上司が作り上げた会社に就職することができたからこそ、私は自分の今の働き方に満足することができているのです。この上司の大会社から大会社の転職体験談を聞いたときは、本当に驚いてしまいました。しかし、こんなにも大胆な上司だからこそ、私は今、それについていこうと思うことができています。もし上司がいなければ、私はこのお菓子メーカーのチョコレートに出会わず、ここに就職をしていなかったかもしれません。そう考えると、上司を尊敬する気持ちは自然と生まれるものでした。私はこれからも、自社のチョコレートを愛しながら、上司についていきたいです。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.