履歴書に関する役立つ転職トリビア

仕事を探そうと思って、いいところを見つけたらまず履歴書を用意しますよね。転職、就職、何事もまず履歴書書きから始まります。ということで、履歴書に関する役立つ転職トリビアを紹介したいと思います。履歴書なんてみんな書くこと同じじゃないの?と思われるかもしれません。まあ、履歴書のフォームはみんな同じですし、出た学校、働いてきた会社名などを書きますよね。資格なんかもあれば書いておいたほうがいいです。別にフリーペーパーでも運転免許資格があるなら絶対書きましょう。英語関係の資格もあるなら書いてみましょう。とにかくすかすかの履歴書より埋まっているもののほうがいいと思います。一見、希望する仕事に関係ないと思われる資格をもっていても書いてみましょう。そこに人柄であったり、面接官が「ほう」と思ってくれるかもしれません。とにかく興味をひくような履歴書を書くのが大事です。大体みんな、志望動機なんて同じことしか書きません。御社の仕事に興味があり、云々という感じでしょう。そこから面接官が判断するわけではないでしょう。

よほど興味深い志望動機である場合は別ですが、普通にその会社の待遇であったり通勤に便利などという理由で決めた場合は書くことは決まってしまいますよね。相手は仕事がある程度できることが確認できれば、今度はあなたの人間性について知りたいと思うはずです。自分が面接で雇うと決めたひとがあまりよくない人間性だったら嫌ですよね。会社の雰囲気が悪くなってしまうようでは大変です。むしろ、あなたが入ることによって社内の空気が変わる、明るくなるといいなと思うのが普通でしょう。仕事ができて人柄もいい、という人を雇いたいのは当たり前だと思います。そこで自分の人柄をアピールできるのが特技や趣味の欄だったりします。そこに自分の好きなこと、ちょっと他の人とは違うことを書いてみてはどうでしょう。ウソはいけません。本当に好きなこと、特技を書きましょう。

実際私もそこに書いておいた特技が面接の間で話題にのぼり、相手の関心をひいたのがわかりました。というのも、面接が終わって一緒にエレベーターを待っていた時に、その特技についていろいろまた質問されたのです。雑談風でしたけれど、興味をもってくれたのがわかりました。そこには見事合格して働きましたよ。このとおりに、他の応募者と差をつけるには、自分の個性で相手に印象を残して人柄を知ってもらうのがいいと思います。

Bookmark the permalink. Follow any comments here with the RSS feed for this post. Post a comment or leave a trackback.